株主優待生活のすすめ

メニュー
連絡先メールアドレス
tomoshige007@yahoo.co.jp
(連絡先メールアドレス)
@は小文字に変えてください
確定月別おすすめ優待株
購入金額別優待情報

■ 10万円未満
■ 10万円以上20万円未満
■ 20万円以上30万円未満
■ 30万円以上50万円未満
■ 50万円以上100万円未満
■ 100万円以上

(ヤフーファイナンス)

最近のコメント
スポンサードリンク

アゴダでホテル予約!
私は、海外のホテルは、ほとんどアゴダで予約しています。
株主優待関連本

ともさんオススメクレジットカード
私が、メインで使っているのが、楽天カード。楽天市場で使うと2%、その他の場合でも1%の楽天スーパーポイントがもらえます。
そして、イオン系のお店で不可欠なのが、イオンカード(WAON一体型)ですよね。
この2枚は、どちらも、年会費無料ですので、必需品かも?



楽天カードは、ポイント還元が、楽天スーパーポイントなのですが、すぐに使えるので、キャシュバックよりも有効だと思います。
イオンカード(WAON一体型)は、WAONと一体型ですので、便利です。
楽天でお買い物

ヤフーショッピング
ヤフーショッピングへは、こちらからどうそ!
桐谷さんの株主優待ライフ
金はなくても、株がある。
優待極めりゃ、人生バラ色!



私の憧れの「株主優待生活」が、そこにあります。(笑)
最近買った本
今年のベストセラーの1つです。
「安らかな死に方」を教えてくれるオススメ本です。私も、「そろそろ」かな?(笑)

みきまるさんのブログが本に!
人気ブログが本になりましたよ。
皆さんも挑戦してみては?

ブログゲットは、「無料ブログをゲットしよう!」を参照してください。
株主優待関連オススメ本
株主優待は、日々変わっていますが、入門には、オススメの本です。

オススメ関連書は、こちらを参考に!

オススメ参考本

JALカード
クレジットカードを選ぶなら、マイルがどんどんたまるJALカード!

アフィリエイト・サービス
おすすめのアフィリエイト代理店です。無料登録は、こちらからできます!

エーハチネット

アクセストレード

JANet

トラフィックゲート

バリューコマース

リンクシェア

より詳しい説明は、
アフィリエイトをはじめよう!
を、ご参照ください。
外国為替チャート

2-1 手数料が安い証券会社に口座を作ろう
株主優待狙いの株は、少額投資、高配当、おいしい優待、長期投資です。

ですから、売買手数料が、1回当たり1000円を超えるようでは、20万円で株を買ったとすると、0.9%、往復で1.8%も手数料を払うことになれば、買った時と同じ価格で売ったとすると、配当や優待ではカバーしきれません。

ましてや、10万円の株であれば、3.6%についてしまいます。

それから、株主優待は、現物取引のみに与えられる特権ですので、信用買いをしていても、権利はありません。

じっくり、割安の時に仕込むのが、株主優待株ですので、指値注文が長く期間指定ができる証券会社がおすすめです。

一度、買ってしまうと、長期保有を原則にしていますので、逆指値等の機能は、あまり必要ではありません。

私の経験では、半値になったものの多くありますが、その後には、必ず買った時の値段以上には、戻っています。

買う際に、割安であることを、最重要視点で買っている以上、”株で損をした!”ということは、あまりおきません。(損切りをして売らない限り)

ですから、手数料が安いという視点で、証券会社を選ぶのは、とても重要になってきます。

幸い、今年に入って、GMOインターネット証券と、ジョインベスト証券が参入してきて、価格競争が激しくなってきて、再度の値下げをした証券会社が多くあり、とても有利になっています。

できれば、少額投資は、タダで取引できればベストです。

次回では、おすすめの証券会社をご紹介します。


2006.09.22 Fri | 証券会社に口座を作ろう | T:0 | C:0
2-2 手数料がタダ又は格安の証券会社
ここでは、株主優待株をゲットするのに手数料がタダ又は格安の証券会社をご紹介します。

株主優待株は、安定的な経営をしていて、個人投資家をターゲットに株主を増やそうとしている会社に投資することですので、そういった会社は、少額でも買える単元株にしていることが多いのです。

ですから、2年前までは、10万円以下でも買える株が結構あったのですが、今では、株価が上がって、少なくなってきています。

そこで、20万円以下の手数料が安い証券会社がおすすめです。

おすすめNo1証券会社丸三証券です。管理人も口座を持っており、実績からもおすすめできます。

その1番のおすすめ理由は、1日20万円以下の手数料がタダということです。

管理人は、原則として20万円を基準に優待株を選んでいますので、ほとんどの優待株が、手数料タダで売買できています。

また、口座を開設して2ヶ月は、いくら売買をしても、手数料が無料です。投資資金のある人は、買いだめもできますね。

10万円以下無料という証券会社は、イートレード証券、松井証券等がありますが、実際には、ほとんどそういった株はないので、客寄せ価格といっても良いでしょう。

20万円以下無料としているのは、丸三証券のみです。

次に、おすすめなのが、クリック証券です。

20万円以下は、105円で、今は、キャンペーンで70円です。しかも、信用取引では、約定代金に関わらず、1約定150円です。

管理人も、6月に口座を作って、株主優待株を仕込みました。

3番目におすすめなのが、岩井証券です。

10万円以下が、84円、20万円以下が、168円です。逆指値も使えますし、指値指定期間が1ヶ月と長いのも特徴です。最近値下げに踏み切りました。

管理人もすぐに、口座を開設しました。口座開設から、3ヶ月間は、1日30万円以下は、手数料がタダです。この3ヶ月間に、株主優待株を仕込もうと思っています。

各証券会社の手数料や機能、無料で出入金できる銀行等を、別表でまとめています。参考にしていただければ幸いです。

おすすめ証券会社

No1 丸三証券

No2 クリック証券

No3 岩井証券


2006.09.22 Fri | 証券会社に口座を作ろう | T:0 | C:0
2-3. 現物に慣れてきたら、信用取引口座を作ろう
現物取引に慣れてきて、ある程度株主優待株を保有できるようになってきたら、信用取引口座を作ることを考えてみましょう。

信用取引は、大きなリスクを取って株の取引をするというイメージがあります。確かに、信用取引は、投資金額が大きくなるので、失敗して大損を出している人も多いので、注意が必要ですが、使い方によっては、大変有効に使えるのも事実です。長期投資用の株主優待株を、信用取引の担保証券にすると、株主優待株が、眠っている時も働いてくれていることにもなります。

ここでは、信用取引口座を使って、リスクを回避しながら、株主優待株に投資する方法をご紹介いたします。

この方法が取れるようになったのは、今年に入って、証券会社の手数料が大幅に安くなったことが大きな要因です。しかし、株式投資には、常に、リスクは付き物ですから、投資は自己責任でということは、肝に命じておいてください。

信用取引口座のメリットは下記のようなものがあります。

① 保証金や現物株を担保に入れることで、資産の約3倍の取引ができる。
② 現引き、現渡しという手法があり、手数料が掛からない。
③ 証券会社によっては、一般信用銘柄があり、逆日歩が掛からない。

逆に、信用取引のデメリットは、下記のようなものがあります。

① 信用買いには、買方金利、信用売りには、貸株料が掛かる。
② 信用管理費等の、現物にはないコストが掛かる。

こういった信用口座のメリット、デメリットを理解した上で、次のような、活用方法をご紹介します。

メリットでもご紹介しましたが、信用取引では、自己資金の約3倍の取引ができます。

銘柄選択で1発必中というのは、難しいので、信用買いを利用して、3銘柄に分散して買います。そうすれば、権利確定までに、最終的に残したい銘柄を決めれば良くなります。中々、株は自分の思ったように動いてくれないものですから、こうすれば、3倍の確率で、自分の思ったように動く株が、最終的に、現引きという方法で、その際の手数料なしで手に入れることができます。

現引きする時には、現物を買うのと同じですから、現物を買うのに必要な資金がいります。残りの2銘柄は、貸方金利と取引手数料を支払って決済することになります。

こうすることによって、現物だと1発必中でなければいけかった銘柄選択が、多少の手数料は掛かりますが、3択になるというメリットがあります。銘柄選びによる失敗が少なくできます

この時の、注意事項は、必ず現引きしないと、信用買いのままでは、優待の権利は発生しませんので、注意してください。

次に、権利落ちのリスクを回避する方法です。

通常、権利確定日の次の日は、権利落ち日といって株価が下げます。株の流通量が少ないものほど大きく権利落ちで株価が下がります。

それを回避する方法が、権利確定日に、確定させようとしている銘柄を信用売りし、株価が大きく下げた場合には、現物を現渡しして、株価下落のリスクを回避するというものです。(配当金は、売りと買いで相殺されて受け取れません。優待の権利だけに有効です。)

しかし、この方法は、あまりおすすめすることは、出来ません。私も何回かこの方法をしてみましたが、逆日歩という恐ろしいものが発生して結局、リスク回避どころか、大損をしたという経験が多いからです。

逆日歩というのは、信用買いよりは、信用売りの方が多くなって、株が足りなくなる為に、お金を出して株を借りてこないといけなくなり、その株を借りるコストのことで、1株あたり何円、何銭/日、掛かるようになります。逆日歩のコストが、優待の金額を超える場合も多くあります。

流通量の少ない株主優待株は、この逆日歩が権利確定日に掛かることが多いので要注意です。前日まで、注意深く信用倍率を見ていても、権利確定日には、権利落ちの株価下落回避の信用売りが大量に入りますので、当てにはなりません。流通量の少ない銘柄では、この方法は取らないことをおすすめします。

そこで、おすすめなのが、一般信用銘柄(通称:無期限信用)といって、逆日歩が発生しない銘柄があります

現在のところ、松井証券岩井証券カブドットコム証券、大和証券等が取り扱っています。但し、貸し株料が、制度信用よりは、高くなっています。

この一般信用銘柄で、上記の方法で株価の権利落ちの下落リスクを回避するのは、ひとつの方法だと考えています。

今のところ、一般信用銘柄は、数が少ないのと、証券会社が限られているという点が、問題ですが、徐々に増えてくるのではないかと思っています。

    
これらの証券会社では、一般信用(無期限信用)を扱っています。
おすすめNo1は、岩井証券です。


2006.09.21 Thu | 証券会社に口座を作ろう | T:0 | C:0
このサイトについて

 ともさん

Author: ともさん
このサイトでは、少額投資でも、企業から贈り物が届く、株主優待株から株式投資をはじめる方法をご紹介します。

株式投資というと、先立つお金が必要だし、リスクも大きくて不安と思われている方が多いのではないでしょうか?

株主優待株投資は、基本的に長期投資で、利回りの良い、安定経営をしている企業をターゲットにしますので、銀行にお金を預けているよりは、利回りも高く、しかも、株主優待という贈り物がいただけるという願ってもない投資方法です。

ご存知ない方には、”目からうろこ ”は請け合いです!

株主優待獲得状況

株主優待獲得状況

2007年

131銘柄

154個

お米 124kg

2008年  

168銘柄 

212個 

お米 165kg 

2009年

178銘柄 

218個 

お米 134kg 

2010年

203銘柄 

255個 

お米 145kg 

2011年

244銘柄 

295個 

お米 160kg 

2012年

289銘柄 

352個 

お米 170.5kg 

2013年

315銘柄 

376個 

お米160kg 

2014年

372銘柄 

440個 

お米147kg 

2015年

409銘柄 

485個 

お米156.8kg 

2016年

461銘柄 

545個 

お米148.8kg 

2017年  7月まで

262銘柄 

307個 

お米89.3kg 

サイド・メニュー

◆◆ 株主優待株あれこれ ◆◆
 管理人のおすすめ優待株
■ お米のもらえる優待株
■ お米ゲットに有利な銘柄
 株主優待でもらったお米銘柄たち
 2008年の管理人獲得お米銘柄
 2009年の管理人獲得お米銘柄
 2010年の管理人獲得お米銘柄
 2011年の管理人獲得お米銘柄
 2012年の管理人獲得お米銘柄
 2013年の管理人獲得お米銘柄
 2014年の管理人獲得お米銘柄
 2015年の管理人獲得お米銘柄
 2016年の管理人獲得お米銘柄
 2017年の管理人獲得お米銘柄
■ コーヒー等嗜好品の優待株
■ 食品・自社製品のもらえる優待株
■ 割引券のもらえる優待株
■ 食事優待券のお得度指数
■ 特産品のもらえる優待株
■ 金券類のもらえる優待株

◆◆ 証券会社口座あれこれ ◆◆
 優待族向け証券口座
■ おすすめ証券会社
■ 証券会社徹底比較表
■ 証券会社詳細説明
 証券口座の使い勝手・あれこれ
 一般信用の売建ができる証券会社
 一般信用の売建可能銘柄比較
■ 手数料無料で優待ゲット!
 夜間取引ができる証券会社
 おすすめFX口座
 スワップ派FX投資のすすめ

◆◆ 株主優待、便利情報 ◆◆
■ 配当金の受取り方法
■ 優待券のオークション状況

■ おすすめ参考書

◆◆ ここだけの、は・な・し ◆◆
 子供口座で優待を複数ゲット!
 長期保有優遇株主優待株
 端株優待株をゲットする方法
 端株の有効利用法
 隠れ優待株・いろいろ
■ 預株で預株料をもらう方法
 塩漬け株の活用法
■ 繋ぎ売りの活用方法
■ 逆日歩を使った裏ワザ
■ 逆日歩の不思議
■ 最高逆日歩を回避できる?
■ 「ミニ日経225先物」で現物株の
  リスクヘッジをする方法

 優待株ゲット 裏ワザその1
■ 優待株ゲット 裏ワザその2
■ 優待株ゲット 裏ワザその3
■ 優待株ゲット 裏ワザその4
■ 優待株ゲット 裏ワザその5
■ 優待株ゲット 裏ワザその6
■ 一般信用で優待をタダ取り
■ カブドットコム一般売可銘柄
■ なるほど株式用語

◆◆ 管理人の保有優待株 ◆◆
 管理人保有の優待株
 管理人保有の端株優待株
 2007年の管理人獲得優待銘柄
 2008年の管理人獲得優待銘柄
 2009年の管理人獲得優待銘柄
 2010年の管理人獲得優待銘柄
 2011年の管理人獲得優待銘柄
 2012年の管理人獲得優待銘柄
 2013年の管理人獲得優待銘柄
 2014年の管理人獲得優待銘柄
 2015年の管理人獲得優待銘柄
 2016年の管理人獲得優待銘柄
 2017年の管理人獲得優待銘柄

目的別おすすめ証券口座
ちょっとお得な情報
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
リ ン ク
このブログをリンクに追加する
株式指標・為替
ネット証券比較サイト
ネット証券は、サイドメニューの証券会社徹底比較でも取上げていますが、こちらのサイトでもご確認を!

私が使っている証券会社
私が使っている証券会社です。各口座の特徴に合わせて、お・い・し・いところを使わせていただいています。

岩井コスモ証券(信用)
メイン口座として使っています。
手数料が安いのがポイント。
一般信用の売建て可能銘柄有り。
コスモ証券と合併し、最悪のシステムに!酷過ぎる!(涙)

丸三証券(信用)
家内名義のメイン口座で、2011年9月から、システムをアップグレード。
口座開設後2ヶ月間完全無料です。

カブドットコム証券(信用)
一般信用の売り建て専用
手数料は高めだが、情報は多い。

SBI証券
端株の売買と貸し株サービスがお得です。 使いやすい口座です。

GMOクリック証券(信用)
信用取引が、比較的に安いので、クロスで使うことが多い。
グループの株主優待も利用しています。

楽天証券
マーケットスピードを使うのが目的。
このツールは、最強では?
ただ、名証が使えないのが難点。
貸し株サービスが始まって、塩漬け株の有効利用ができます!

松井証券
家内と娘の口座。
優待の複数ゲット用です。
預株制度もあるよ!

岡三オンライン証券
1日10万円以下、99円を使って
長期保有用の優待株専用です。
売買手数料は、業界最低レベルで、
オススメ証券会社の1つです。

東洋証券(信用)
今は、塩漬けが、漬かっています。

大和証券
投下資金回収済み口座。
ほとんどが、塩漬け優待株。
不思議なことに最も成績が良い口座。

詳しくは、「優待族向け証券口座」をご参照ください。

おすすめ株式関連書籍
株主優待の情報が、確定月別になっているので、非常に使いやすい情報誌です。この内容で800円は安い!

2017年が新発売!

楽天ブックスは、ファミマ受け取りで送料無料がうれしい!
優待をアマゾンでチェック
夜間取引証券会社
2006年9月15日から、夜間取引が、はじまりました。まずは、カブドットコム証券が、はじめましたが、2007年8月27日よりSBI証券、9月10日からはクリック証券もはじめましたが、休止している証券会社もあるようですので、ご確認ください。





夜間取引には、3つの方式があります。 詳しくは、「夜間取引ができる証券会社」を参照ください。
おすすめ証券会社

各証券会社には、特徴があります。十分比較して選びましょう。
比較はこちらから











岩井証券は、管理人がメインの口座として使っています。 詳しくは、「優待族向け証券口座」を参照ください。

日経平均情報
ブログ内検索
アクセスカウンター