株主優待生活のすすめ

メニュー
連絡先メールアドレス
tomoshige007@yahoo.co.jp
(連絡先メールアドレス)
@は小文字に変えてください
確定月別おすすめ優待株
購入金額別優待情報

■ 10万円未満
■ 10万円以上20万円未満
■ 20万円以上30万円未満
■ 30万円以上50万円未満
■ 50万円以上100万円未満
■ 100万円以上

(ヤフーファイナンス)

最近のコメント
スポンサードリンク

アゴダでホテル予約!
私は、海外のホテルは、ほとんどアゴダで予約しています。
株主優待関連本

ともさんオススメクレジットカード
私が、メインで使っているのが、楽天カード。楽天市場で使うと2%、その他の場合でも1%の楽天スーパーポイントがもらえます。
そして、イオン系のお店で不可欠なのが、イオンカード(WAON一体型)ですよね。
この2枚は、どちらも、年会費無料ですので、必需品かも?



楽天カードは、ポイント還元が、楽天スーパーポイントなのですが、すぐに使えるので、キャシュバックよりも有効だと思います。
イオンカード(WAON一体型)は、WAONと一体型ですので、便利です。
お得な住信SBIネット銀行口座
住信SBIネット銀行は、月に3回まで、他行への振込みが、無料
セブン銀行、郵貯のATMで、出入金できるので、地方の人には、都銀よりも便利かも?

詳しくは、「お得な銀行口座の選び方」を参照ください。
楽天でお買い物

ヤフーショッピング
ヤフーショッピングへは、こちらからどうそ!
桐谷さんの株主優待ライフ
金はなくても、株がある。
優待極めりゃ、人生バラ色!



私の憧れの「株主優待生活」が、そこにあります。(笑)
最近買った本
今年のベストセラーの1つです。
「安らかな死に方」を教えてくれるオススメ本です。私も、「そろそろ」かな?(笑)

みきまるさんのブログが本に!
人気ブログが本になりましたよ。
皆さんも挑戦してみては?

ブログゲットは、「無料ブログをゲットしよう!」を参照してください。
株主優待関連オススメ本
株主優待は、日々変わっていますが、入門には、オススメの本です。

オススメ関連書は、こちらを参考に!

オススメ参考本

JALカード
クレジットカードを選ぶなら、マイルがどんどんたまるJALカード!

アフィリエイト・サービス
おすすめのアフィリエイト代理店です。無料登録は、こちらからできます!

エーハチネット

アクセストレード

JANet

トラフィックゲート

バリューコマース

リンクシェア

より詳しい説明は、
アフィリエイトをはじめよう!
を、ご参照ください。
外国為替チャート

家庭菜園、はじめました!
5坪菜園を借りて、家庭菜園はじめました!(笑)

家庭菜園

まずは、第一弾で、じゃがいもを、8つ植えました。

地域のコミュニティーが運営している5坪菜園を、ラッキーにも借りることが出来まして、農業体験をはじめました。

何分、すべてが、初めての体験ですので、見よう見まねで挑戦したいと思っています。

当然のことですが、100均で買えるものは、100均で揃える予定です。

揃えた道具ですが、鍬は、ホームセンターで買った980円のものですが、肥料や、柄杓、移植ごて等は、100均で揃えました。恐るべし、100均!(笑)

全体を9区画に分割していて、少しずつ、色々なものを植えていきたいと思っています。

それにしても、5坪の農地を借りることが出来て、使用料の年間2000円は、安すぎません? 地主の固定資産税は、どうなっているんでしょうね?

まぁ、地域のコミュニティーを形成するということで、損得抜きということなんでしょうが、ありがたいことです。

今週の土日を、ここで楽しみましたが、実労働時間は、1時間ずつ・・・・・ウォーキングでもするのと同じくらいかな?という感じで、丁度頃合いの良い運動になりました。

自然を相手にする農業ですので、そんなに素人が簡単に上手に作物が作れるとは思いませんが、土日は、家庭菜園に嵌ってしまいそうな雰囲気です。

うまく作物ができたら、ご報告をしたいと思っていますが、報告がない場合には、ダメだったということで、ご理解を!(笑)

端株が買える証券会社

端株優待株をゲットする方法」を参照ください。



2017.03.19 Sun | コラム | T:0 | C:2
なんでも鑑定団の曜変天目茶碗は、本物か?
昨年の年末、私の好きな番組の1つである、「なんでも鑑定団」に出品された、「曜変天目茶碗」が、本物と鑑定され、「国宝級」だということで、話題になりました。

なんでも鑑定団に出品された曜変天目

鑑定金額は、国宝級にしては、控えめな2500万円でしたが、茶碗というのは、出来の良し悪しではなく、誰が使ったか?、どう伝世したか?ということで、値段が決まるわけで、出品されたものは、南宋時代のものが、誰が所有していたのか?、どうやって、伝世したのか?不明なのですから、2500万円というのも、妥当なところかもしれませんね。

しかし・・・・・この鑑定に、意義を唱える人がいて、問題化しています。(本当のプロは、自身の鑑定眼を信じて、真贋を語らないものですが・・・・・)

ワイドショーでも取り上げられて、贋作だとする陶芸家・九代目長江惣吉さんの意見を、あたかも、真実だと言わんばかりの内容で、報道されていました。

そして・・・・その番組の中で、司会者が、「誰でも知っている」と言った曜変天目は、よく取り上げられていますので、下の一番ポピュラーになっている静嘉堂所蔵のものです。

静嘉堂の曜変天目

しかし、現在、国宝になっている残りの2つの曜変天目は、これと同じような模様をしているわけではありません。多分、この司会者は、そのことを知っていたとは思えません。残りの2つは、あまり目にすることが出来ないからです。

確かに、「静嘉堂の曜変天目」と、出品された曜変天目を比べると、模様が全く違うんですね。

九代目長江惣吉さん曰く、中国で、お土産品として売られている贋作だということですが、これも、また怪しいんです。

実は、曜変天目を、貴重なものとして、高く評価しているのは、日本だけで、簡単に言えば、「日本の常識、世界の非常識」の例なんですね。(元々高く評価されているものであれば、中国に、残っているはずです。)

中国で、日本人の一部の人たちだけをターゲットに、レプリカを作り、お土産品として、売って、ペイするのか?というのは、私は、おおいに疑問があると思います。

しかも、出品者の言い分に偽りがないとすると、明治時代には、この茶碗は、曽祖父が買って存在したということですから、そうであれば、中国のお土産品というのも、説得力がありません。

結局、この問題がどうなったか?というと、徳島県文化財保護条例に基づき、文化財指定の申請をする意向だった出品者は、「今後は、ノーコメントにして欲しい」ということで、調査は白紙になっています。

話題が大きくなり過ぎて、出品者が、多くの誹謗中傷、妬み、やっかみ、等々に、耐えられなくなったものだと思われます。

番組を制作した、テレビ東京は、こういった贋作疑惑について、「鑑定結果は番組独自の見解に基づくものです。また、番組の制作過程等については従前よりお答えしておりません」として、外部の雑音とは、取り合わない姿勢になっています。

尚、私の焼き物に関するホームページの「ともさんの焼き物・骨董紀行」においても、曜変天目を取り上げています。曜変天目の再現に取り組んでいる人はたくさんいて、成功しているものも数多くあります

下の茶碗は、林恭介さんの曜変天目ですが、まさに、再現に成功しているものだと思います。(HPには、幾つもの例を取り上げています。)

林恭介さんの曜変天目茶碗

「この世に、曜変天目は、3つしか存在しない」というのは、誤りで、「この世に、南宋時代に中国から伝わった曜変天目で、素性のはっきりとしたものは、3つしかない」というのが、正しい言い方になるわけですが、番組でも誇張していましたが、「この世に、3つしかない」ということが、独り歩きしている感は、否めません。

情報というのは、きちんと、全体を知らないと、一部だけが独り歩きして、充分な見識のない人たちによって、SNSなどで、誹謗中傷の材料になって、拡散してしまうという例として、今日は、取り上げてみました。(小保方さん事件を思い出させます。)

クロスに有利な証券会社

 

一般信用の売り建て可能銘柄が最大!
安全にクロスできる!

手数料が安い!

信用取引の手数料が、安いのでクロスに最適!



2017.02.11 Sat | コラム | T:0 | C:0
社会全体が、いじめっ子になっていないか?
辛口コラムですので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

2016年12月9日、俳優の成宮寛貴さん(34)が、週刊誌のフライデーの報道問題で、芸能界を引退すると発表しました。

このところ、「文春」や、「新潮」に、スクープを持っていかれ、「フライデー」としては、起死回生のスクープとして、取り上げたんだろうと思います。

そして、特に、ネット民にとっては、格好のネタを得た感じで、話はどんどん大きくなって、結局、本人も耐えきれず、引退という道を選んだのだと思います。

ネットでの記事をみても、芸能人と、一般人の取扱いの違いがよく表れています。

成宮 → 成宮氏 → 成宮さん

引退を発表して、間もない頃は、「成宮氏」だったのに対し、今では、一般人が確定したということで、「成宮さん」になっています。

今回の事件、私には、大きな違和感があります。コカインを使用しているという疑惑を、警察ではなく、ただの1週刊誌が取り上げたことが、あたかも、刑事事件であるかのように、取り扱われたことです。

ASUKA容疑者の場合は、刑事事件として、逮捕されているのですから、これは、当然のこととして、薬物使用容疑ということで、取り扱っていいように思いますが、今回の問題は、刑事事件でも何でもないんですよね。この違いが理解できているのか?疑問です。

同じことを、一般人が行ったとしたら、フライデーが、スクープすることもなく、例え、記者が、目の前で見ていたとしても、一般人であれば、「記事として、取り上げる価値がない」ということで、見逃しているんでしょう。

要するに、記事にして売れるから、刑事事件でもないことを、あたかも、「間もなく、逮捕される」というような印象を、他人に持たせるような印象を与え、関係のない尾ヒレを付けて、じわりじわりとネタを出し続けて、金儲けをしようという魂胆だったような気がします。

まぁ、成宮さんは、今は一般人になったわけですから、「フライデー」の思惑通りには行かず、まだ、出していないネタも、お蔵入りになるのでしょうが、今回の問題、私には、「社会全体が、いじめっ子になっている」のではないか?という疑念を抱かせた問題です。

ベッキーさんの時も、刑事事件でもなく、一般人であれば、普通によくあることで、あんなに大きく問題化することもないような、小さなことのように思いますが、「社会全体が、いじめっ子」になっていることを利用して、社会に材料を提供して、いじめをさせて、自分は、儲けるということに、利用されている印象ですね。

だって、あんなに大騒ぎして、多くの人々が損害を被っても、いじめっ子にとっては、他人事だから、関係ないし、拡張のツールとして利用されただけで、結局、儲かったのは、大きく取り上げた芸能関係の人たちだけでしょう?

お隣の国でも、同様のことが起こっていて、正常な判断が出来なくなっています。「法治より情治」といって、法律よりも、民衆の世論が国を治める状態で、もはや、世論に沿わない発言をすると、死活問題になりますから、検察も、国会議員も、己の自由がなくなっています。

これを、「他人事」と思ってはいけません。

本質的に、成宮さん事件も、同じことだと思われるからです。

朴槿恵(パク・クネ)大統領は、こんな状況では、何を言っても、火に油を注ぐだけと思っていて、正常な判断ができそうなのは、憲法裁判所だけだと思って、その判決に掛けるしか方法がなくなっています。

成宮さんの場合にも、何を言っても、「黒だ!」という民衆に向かって、発言すれば、火に油を注ぐだけで、一般人になれば、無用の攻撃を受ける必要はないという判断をしたのかな?と思います。

どうも、最近は、豊洲の盛土問題にしても、ネットで騒がれると、もう正しい判断をさせてもらえないような雰囲気になっているようで、危惧しています。「問題を判断できる知識のない大衆が、総いじめっ子になって、損害を大きくしている」ように思います。

成宮さんが、芸能界から去って、何の得があるんでしょう? ネット社会が進むと、本当は知らないのに、知っているような錯覚を起こして、面白おかしく楽しんで、「不要の損害」を与える結果を、知らず知らずのうちに、引き起こしていることに気が付いていない人が多すぎるように思います。

お隣の国の方には、申し訳ありませんが、「人の振り見て、我 振り直せ」ということで、取り上げさせてもらいましたので、お気を悪くしないようにお願いいたします。

豊洲問題に関する記事は、先に、「豊洲市場問題は、何が問題なのか?」でアップしていますので、ご参照ください。

また、今週の土曜日に、この記事をアップしようと思っていたのですが、ちょっと時間が経って、タイムリーさがないかな?と思い、今日のアップになりました。



住信SBIネット銀行は、他行宛振込み手数料無料サービスが魅力!



2016.12.12 Mon | コラム | T:0 | C:5
世界各国のカジノ事情
辛口コラムですので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

2016年12月2日、カジノを合法化する統合型リゾート(IR)推進法案が、衆院内閣委員会で採決され、自民党、日本維新の会などの賛成多数で可決されました。

私は、これまで、世界の30ヵ国ほどの国々に行ったことがあり、カジノも基本的に好きなので、行ったことのあるカジノも多いことから、今日は、各国のカジノ事情について、少しお話をしてみたいと思います。

まず、私が訪れたことのあるカジノですが、次の通りとなります。

アメリカ(ラスベガス)
韓国(済州島)
フィリピン(マニラ)
マレーシア(クアラルンプール)
カンボジア(プノンペン)
シンガポール
オーストラリア(ブリスベン、ゴールドコースト、パース、アデレード、ダーウィン)

マカオに行ったことがないのが残念ですが、このように、多くの国々に、カジノは存在していることがわかると思います。

これらのカジノですが、大きく2つのタイプに分かれると思います。

1つは、外国人をターゲットにしたカジノで、自国民の入場を何らかの方法で、制限しているタイプです。

例えば、シンガポールのカジノですが、上記の関連法案の際にも、典型例として挙げられていますが、外国人が、無料で入場できるのに対し、シンガポール人は、100シンガポールドル(約8000円)の入場料が必要になります。

シンガポールにも、友人がいますが、シンガポール人は、カジノに行かないと話しています。何故?と聞くと、入場するのに、100ドルも払うのは、ばからしいということでした。

マレーシアのクアラルンプール郊外にある、ゲンティンハイランド・カジノは、一大リゾートが、誰も行かないような山の上にあります。

遊園地から、ゴルフ場、ショッピングモール、レストラン街・・・・・家族で行っても、子供たちが遊ぶところがたくさんありますし、お父さんが、カジノに行っても、家族から、批難轟々になることはありません。

しかし、ここは、市街地から遠く、まず、普通の自国民が頻繁に行くようなところではありませんし、カジノへの入場は、正装が義務付けられています。

フィリピンでは、自国民の入場には、登録が必要で、外国人と同伴するとかの理由が必要となっているところが多いようです。

このように、アジアの国々のカジノは、外国人が落としてくれるお金に期待して、作られているものが多く、実質的に、自国民の入場を制限しているものが多いようです。

一方で、オーストラリアのカジノ事情は、ちょっと違います。こちらは、誰でも無料で、入場することができて、ギャンブルをしに来ているというよりは、娯楽の1つとして、お年寄りの暇つぶしの施設という面が強くなっています。(もちろん、ギャンブルとしてやっている人もいます。)

毎日、通っている方も多くて、ほんのわずかのお金を掛けて、時間つぶしをしているように見えます。

日本の競馬場にも、1レース、100円、200円を掛けて、1日中、競馬を楽しんでいる方々がいらっしゃいますが、それと同じようなものですね。

これを以てして、ギャンブル依存症というか?は、どうでしょう?確かに、毎日、カジノに行っているのですから、依存症とも言えますが、安全なところで、1日を過ごしてくれる娯楽施設だと思えば、許容範囲ではないか?という気がします。

日本の奥様方が心配されているのは、旦那が、お金のすべてをギャンブルに注ぎ込んで、すっからかんになり、一家破産になる心配ですよね。(笑)

確かに、どこのカジノに行っても、ギャンブルとしてやっているのは、中国人(国籍ではなく、民族として)が多く、日本人も多分、同じように、ギャンブル好きなんだと思います。

ということは、日本に、日本人が無制限で入場できるカジノを作った場合、奥様方の心配が現実になる恐れは、少なくはないと思います。

その恐れを払拭するのが、上記にある「統合型リゾート(IR)」なんですね。イメージとしては、上記のマレーシアのクアラルンプールスタイルですね。

地元の人が頻繁に行けるようなところではなく、外国人や、地元以外の日本各地から、休暇を楽しむ人たち向けの施設です。

そうであれば、「ギャンブル依存症」の心配もなくなるわけですが、バブル時代に、リゾート推進法で、多くのリゾートが出来ましたが、ほとんどは、失敗していることから、日本人のリゾート利用というのに期待するのは難しいでしょう。

外国人が、落とすお金だけで、やっていけるのか?は、私は、疑問に思っています。大阪市などが、誘致したい意向を持っているようですが、また、バブルの負の遺産と同じようなものが出来るのでは?という気がします。

そして、奥様方が、最も恐れているのは、一旦、どこかにカジノが作られると、箍が外れて、統合リゾート型だけではなく、カジノが、例えば、競輪場や地方競馬の跡地などに作られて、お父さん方が、本当のギャンブル依存症になるのではないか?ということだと思います。(自治体としては、税金を産んでくれる金の卵ですよね。)

こうならないように、「法律で縛る」と言っていますが、なし崩し的になってしまう可能性もゼロではないでしょうね。

日本では、何故、カジノを作ることに、国民の抵抗感があるのか?は、よく考えてみる必要があるようです。

貸し株サービスのある証券会社

貸し株サービスのある証券会社」を参照ください。



2016.12.03 Sat | コラム | T:0 | C:2
トランプさん、TPP離脱を表明!
辛口コラムですので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

米国のトランプ次期大統領は、11月21日、日米などが署名した環太平洋連携協定(TPP)について、選挙戦の公約通り、「就任初日に」離脱する考えを明らかにしました。

Trump.jpg

まぁ、私から見れば、正常な判断だと思いますし、日本の思惑がもろくも崩れた瞬間でしょうね。

11月12日のコラム「トランプさんの当選で怪しくなってきているTPPって何?」でも取り上げていますが、FTA交渉で後れを取っていた日本の、起死回生の作戦が、もろくも崩れたということだと思います。

今後は、トランプさんが言うように、アメリカと日本の二国間交渉になるのでしょうが、素地は、すでにTPP交渉の時に出来上がっているので、それほど難しいことではないような気がしますが、アメリカがTPPの時には、譲歩した部分は、今後、タフな交渉になるものと思われます。

上記コラムでも話していますが、すでに、日本は、アメリカとニュージーランド以外の国々とは、二国間協定を結んでいますので、TPPが頓挫したからといって、アジア地域の経済協定に関しては、影響はありません。

ただ、日本のもくろみであった、中国を意識していて、アメリカをバックボーンに持つ、環太平洋経済協定で、アジア地域での、日本の存在感を見せつけようとしたのは、完全に失敗に終わるようです。

TPPは、日本が交渉へ、割り込んできたために、大筋合意で、時間が掛かり、何年も交渉が続いていました。そして、その結果が、これでは、甘利さんをはじめ、交渉にタッチしてきた人たちの落胆は大きいでしょうね。

まぁ、ちょっと日本のやり方が、強引だったということなのではないでしょうか?

ただ・・・・・これで、それでなくても遅れていたアメリカとの自由貿易交渉は、振り出しに戻ってしまったのですから、早急に、次善の策を立てる必要がありますね。早急に、FTA交渉をまとめる必要が出てくると思われます。

TPPが、日本の農業を殺す」と訴えられてきた方々は、一安心なのでしょうか?

私は、全くそうとは思いません。現在の農業は、既得権益の上で、保護されてきた結果のもので、国際競争力は、ほとんどありません。また、すでに、日本は、全面的に農業を保護するほどの国力を持っていません。

農業が自立しない限り、TPPがあろうが、なかろうが、同じ結果になるわけで、現在、小泉さんをはじめ、農業改革チームが、検討されていますが、既得権益にしがみついているのではなく、自立するためにやるべきことを実行して、日本の中の農業ではなくて、世界の中の農業を見て欲しいと思っています。

日本の常識、世界の非常識」は、日本の中には、数多く存在するものなのです。

私は、農業は、産業として、かなりのポテンシャルを持っていると思っていますし、いつまでも、家内工業で続けるには、後継者の問題で、無理があると思います。農地自体はあるのですから、しかるべき人たちに、生産してもらえらば、もっと生産性は上がると思っています。

いずれにしても、TPPは、実質的に、アメリカと日本のFTA交渉だったわけですから、多国間交渉から、二国間交渉に代わっただけと思って、早急にまとめてもらいたいものですね。

そして、そこには、再度、農業分野での交渉も含まれますので、TPP反対派の方々は、TPPが流れたことで、安心できる状況が来たということではないことは、理解しておくべきだと思っています。



住信SBIネット銀行は、他行宛振込み手数料無料サービスが魅力!



2016.11.23 Wed | コラム | T:0 | C:0
トランプさんの当選で怪しくなってきているTPPって何?
辛口コラムですので、興味のない方は、読み飛ばしてくださいね。

アメリカの大統領選挙で、トランプさんが当選して、TPP(環太平洋経済連携協定)の行方が不透明になっています。

そもそも、TPPって、何なのか?正しく理解している日本人は、どれだけいるんだろう?と思っています。

TPPは、すでに発効している、シンガポール、ブルネイ、チリ、ニュージーランドの4ヵ国の経済連携協定を、拡大させるもので、新しい枠組みではないんですね。

2010年に、アメリカ、オーストラリア、ベトナム、ペルーの4か国が加わって、拡大交渉をし、マレーシアが加わって、9ヵ国の間で、基本合意がなされ、2012年中に、発効する予定でした。

そこへ、日本が入り込んできて、現在のような状況になっているわけです。

元々、参加9ヵ国のうち、マレーシア以外は、自由貿易推進国ですので、話は、丸く収まっていたわけです。

しかし、日本が加わることで、状況が一変します。

参加予定10ヵ国のうち、GDPベースで、91%を、日本とアメリカが占めるわけですから、実質的に、アメリカと日本のFTA(自由貿易協定)交渉となったわけです。

実は、日本は、アメリカとニュージーランド以外の国とは、すでに、二国間経済連携協定を結んでいますので、それらの国々とは、TPP自体があまり意味をなすものではないのです。

交渉過程で、甘利さんが一生懸命交渉に当たっていましたが、アメリカ以外の国では、最後の方で、ニュージーランドが主張する場面がありましたが、その他の国々は、ただ、冷ややかな目で、傍観しているだけでした。日本以外の国々とは、合意済みなんですから、当然、そうなりますよね。

簡単に言えば、日本は、TPPでなくても、アメリカ、ニュージーランドと個別に、FTA交渉をすれば、良かったのです。

それでは、何故、日本は、TPPの枠組みに参加する選択を取ったのか?

一番大きな理由は、アメリカと個別に行えば、アメリカの言いなりになってしまうと考えたからでしょう。まとまって、10ヵ国での交渉となれば、アメリカも折れてくる部分があると、考えたのだと思います。(加えて、国内世論対策もあったでしょう。)

もう1つは、日本が、韓国や中国等の周辺国と比較して、FTA交渉が著しく遅れていたという理由があります。要するに、日本(経済産業省)が、焦っていて、これ幸いに、TPPという枠組みを利用することで、巻き返しを図ろうとしたということですね。

要するに、TPPは、日本が入ってきたことにより、経済大国同士の交渉の場へと変わってしまったのです。

ここに、違和感を持っている人たちがたくさんいるわけで、トランプさんも、その一人ということです。

日本以外の国々は、TPPが頓挫しても、痛くも、痒くもないのです。

こうなってくると、日本は、何が何でもTPPを成立させなければいけない状況になってきていて、今国会でも、何が何でも成立させたいという意図が見え見えです。

しかし、トランプさんは、TPPが、オバマ政権のうちに成立しても、就任したら、すぐに脱退すると公言していますので、アメリカの承認を取るのは、大変でしょう。上記のように、アメリカ抜きで、TPPが発効されても、日本にとって、国益は、ほとんどないのですから、アメリカ抜きの協定発効の可能性も薄いような気がします。

助けに舟」に乗ろうとしたのですが、その舟が出航しない可能性が出てきたということで、さてさて、今後、TPPは、どうなるんでしょうね?

クロスに有利な証券会社

 

一般信用の売り建て可能銘柄が最大!
安全にクロスできる!

手数料が安い!

信用取引の手数料が、安いのでクロスに最適!

 

2016.11.12 Sat | コラム | T:0 | C:0
次のページ
このサイトについて

 ともさん

Author: ともさん
このサイトでは、少額投資でも、企業から贈り物が届く、株主優待株から株式投資をはじめる方法をご紹介します。

株式投資というと、先立つお金が必要だし、リスクも大きくて不安と思われている方が多いのではないでしょうか?

株主優待株投資は、基本的に長期投資で、利回りの良い、安定経営をしている企業をターゲットにしますので、銀行にお金を預けているよりは、利回りも高く、しかも、株主優待という贈り物がいただけるという願ってもない投資方法です。

ご存知ない方には、”目からうろこ ”は請け合いです!

株主優待獲得状況

株主優待獲得状況

2007年

131銘柄

154個

お米 124kg

2008年  

168銘柄 

212個 

お米 165kg 

2009年

178銘柄 

218個 

お米 134kg 

2010年

203銘柄 

255個 

お米 145kg 

2011年

244銘柄 

295個 

お米 160kg 

2012年

289銘柄 

352個 

お米 170.5kg 

2013年

315銘柄 

376個 

お米160kg 

2014年

372銘柄 

440個 

お米147kg 

2015年

409銘柄 

485個 

お米156.8kg 

2016年

461銘柄 

545個 

お米148.8kg 

2017年  2月まで

49銘柄 

57個 

お米21kg 

サイド・メニュー

◆◆ 株主優待株あれこれ ◆◆
 管理人のおすすめ優待株
■ お米のもらえる優待株
■ お米ゲットに有利な銘柄
 株主優待でもらったお米銘柄たち
 2008年の管理人獲得お米銘柄
 2009年の管理人獲得お米銘柄
 2010年の管理人獲得お米銘柄
 2011年の管理人獲得お米銘柄
 2012年の管理人獲得お米銘柄
 2013年の管理人獲得お米銘柄
 2014年の管理人獲得お米銘柄
 2015年の管理人獲得お米銘柄
 2016年の管理人獲得お米銘柄
 2017年の管理人獲得お米銘柄
■ コーヒー等嗜好品の優待株
■ 食品・自社製品のもらえる優待株
■ 割引券のもらえる優待株
■ 食事優待券のお得度指数
■ 特産品のもらえる優待株
■ 金券類のもらえる優待株

◆◆ 証券会社口座あれこれ ◆◆
 優待族向け証券口座
■ おすすめ証券会社
■ 証券会社徹底比較表
■ 証券会社詳細説明
 証券口座の使い勝手・あれこれ
 一般信用の売建ができる証券会社
 一般信用の売建可能銘柄比較
■ 手数料無料で優待ゲット!
 夜間取引ができる証券会社
 おすすめFX口座
 スワップ派FX投資のすすめ

◆◆ 株主優待、便利情報 ◆◆
■ 配当金の受取り方法
■ 優待券のオークション状況

■ おすすめ参考書

◆◆ ここだけの、は・な・し ◆◆
 子供口座で優待を複数ゲット!
 長期保有優遇株主優待株
 端株優待株をゲットする方法
 端株の有効利用法
 隠れ優待株・いろいろ
■ 預株で預株料をもらう方法
 塩漬け株の活用法
■ 繋ぎ売りの活用方法
■ 逆日歩を使った裏ワザ
■ 逆日歩の不思議
■ 最高逆日歩を回避できる?
■ 「ミニ日経225先物」で現物株の
  リスクヘッジをする方法

 優待株ゲット 裏ワザその1
■ 優待株ゲット 裏ワザその2
■ 優待株ゲット 裏ワザその3
■ 優待株ゲット 裏ワザその4
■ 優待株ゲット 裏ワザその5
■ 優待株ゲット 裏ワザその6
■ 一般信用で優待をタダ取り
■ カブドットコム一般売可銘柄
■ なるほど株式用語

◆◆ 管理人の保有優待株 ◆◆
 管理人保有の優待株
 管理人保有の端株優待株
 2007年の管理人獲得優待銘柄
 2008年の管理人獲得優待銘柄
 2009年の管理人獲得優待銘柄
 2010年の管理人獲得優待銘柄
 2011年の管理人獲得優待銘柄
 2012年の管理人獲得優待銘柄
 2013年の管理人獲得優待銘柄
 2014年の管理人獲得優待銘柄
 2015年の管理人獲得優待銘柄
 2016年の管理人獲得優待銘柄
 2017年の管理人獲得優待銘柄

目的別おすすめ証券口座
ちょっとお得な情報
にほんブログ村
ランキングに参加しています。
応援クリックお願いします!
リ ン ク
このブログをリンクに追加する
株式指標・為替
ネット証券比較サイト
ネット証券は、サイドメニューの証券会社徹底比較でも取上げていますが、こちらのサイトでもご確認を!

私が使っている証券会社
私が使っている証券会社です。各口座の特徴に合わせて、お・い・し・いところを使わせていただいています。

岩井コスモ証券(信用)
メイン口座として使っています。
手数料が安いのがポイント。
一般信用の売建て可能銘柄有り。
コスモ証券と合併し、最悪のシステムに!酷過ぎる!(涙)

丸三証券(信用)
家内名義のメイン口座で、2011年9月から、システムをアップグレード。
口座開設後2ヶ月間完全無料です。

カブドットコム証券(信用)
一般信用の売り建て専用
手数料は高めだが、情報は多い。

SBI証券
端株の売買と貸し株サービスがお得です。 使いやすい口座です。

GMOクリック証券(信用)
信用取引が、比較的に安いので、クロスで使うことが多い。
グループの株主優待も利用しています。

楽天証券
マーケットスピードを使うのが目的。
このツールは、最強では?
ただ、名証が使えないのが難点。
貸し株サービスが始まって、塩漬け株の有効利用ができます!

松井証券
家内と娘の口座。
優待の複数ゲット用です。
預株制度もあるよ!

岡三オンライン証券
1日10万円以下、99円を使って
長期保有用の優待株専用です。
売買手数料は、業界最低レベルで、
オススメ証券会社の1つです。

東洋証券(信用)
今は、塩漬けが、漬かっています。

大和証券
投下資金回収済み口座。
ほとんどが、塩漬け優待株。
不思議なことに最も成績が良い口座。

詳しくは、「優待族向け証券口座」をご参照ください。

おすすめ株式関連書籍
株主優待の情報が、確定月別になっているので、非常に使いやすい情報誌です。この内容で800円は安い!

2017年が新発売!

楽天ブックスは、ファミマ受け取りで送料無料がうれしい!
優待をアマゾンでチェック
夜間取引証券会社
2006年9月15日から、夜間取引が、はじまりました。まずは、カブドットコム証券が、はじめましたが、2007年8月27日よりSBI証券、9月10日からはクリック証券もはじめましたが、休止している証券会社もあるようですので、ご確認ください。





夜間取引には、3つの方式があります。 詳しくは、「夜間取引ができる証券会社」を参照ください。
おすすめ証券会社

各証券会社には、特徴があります。十分比較して選びましょう。
比較はこちらから











岩井証券は、管理人がメインの口座として使っています。 詳しくは、「優待族向け証券口座」を参照ください。

日経平均情報
ブログ内検索
アクセスカウンター